INFORMATION & BLOG

伝統工芸品・わっぱ博多曲物

2015年02月13日

リノベーション

博多の伝統工芸品、わっぱ(博多曲物)。

_DSC055

400年の歴史をもち今もなお受け継がれている、

第十八代目博多曲物柴田玉樹さんにおじゃましました。

 

 image001

曲物とは、杉や檜の柾目の薄板を熱を加えて曲げ、

桜の皮で綴じ底板をつけた器のこと。

金属類が一切使われておらず、非常に軽いのが特徴。

コロンとした独特のフォルムのデザインも素敵ですキラキラ
24262

博多曲物の素材は、粕屋郡若杉山から採れる杉や檜木

身近に茂る木を用いて庶民の暮らしに役立てていました。
もともとは神への奉祭具で、神事・正月・婚礼などから、

食料の入れ物、茶道具と幅広いラインナップ曲げわっぱ

筥崎神社のある箱崎、馬出で作られていたので
箱崎の曲物馬出しの曲物とも呼ばれてました。

24260

明治維新後に西洋のブリキやアルミニウムが登場、
第二次世界大戦後はプラスチックや電化製品が台頭。
しかし近年暮らしに潤いゆとりを求める人々から、

自然素材の良さを再認識されじわじわと人気に:)

 

木を割れば、育った土地の陽当たりやこまめな枝打ちなど

手をかけて育てられたかが一目瞭然なんだそう手描きふうクローバー

煮立ったお湯に側板を漬け、アクを抜きながら10分~30分程煮て、

柔らかくなった側壁板を巻木に巻きつけて曲げるという作業工程。
24267
食料の入れ物に適している、わっぱの特徴は
曲げわっぱ杉の抗菌作用で食べ物が痛みにくい
曲げわっぱ食べ物を入れたときの匂いがよい
(檜だとつよすぎる)
曲げわっぱごはんの味がよくなる・・・等が人気の理由。

使い心地の良さから小さい頃から本物に触れさせたいと、

福岡市内の幼稚園から園児用の弁当箱の注文が増えてます園児

 

博多伝統工芸館とデザイナーさんとのコラボお米の形のお弁当箱も。

S__22478853 S__22478854

伝統を守りながら新しいものにも挑戦し続ける姿は、
大変輝いてみえましたhowa*


     

マンションのご相談は
ふくろうへ