INFORMATION & BLOG

原田琺瑯製作所

2015年04月01日

リノベーション

どことなくレトロな佇まいが魅力の琺瑯

古きよき昭和の代名詞でもある、オロナミンCの琺瑯看板オロナミンC
S__21741583

耐久性高く、環境ホルモンを出さないことで、環境優しい素材としても注目されている琺瑯。

新年度の始まりの今日は、コチラを手掛けた福岡の琺瑯のお店です♥akn♥

 

株式会社原田琺瑯製作所
S__21741589

S__21741573

福岡市東区にある原田琺瑯製作所 のルーツは、

毎年陶器市の開催で有名な陶磁器産地の有田町唐ワンくん
有田焼特有の色付けされた製品にインスパイアされ、

1951年にその有田町出身の故原田正(お父様)が起業されました。
S__21741582

冒頭の大塚製薬の看板等の数々の名作を世に送り出し、

15年ほど前から個人のお客様一枚の注文も受け付けるように看板
S__21741580

殺菌効果があり、臭い移りが無く、熱が伝わり易い特徴から、

琺瑯といえば食器調理器具が有名ですルクルーゼ
そのルーツは、古代エジプトツタンカーメン

黄金マスクと言われてます。

 

S__21741577

S__21741578
ところで琺瑯とは??

鉄という金属に釉薬というセラミックを焼き付けたもの。

釉薬・・・自然界に存在する鉱石からしか色付け出来ない。

例えば青の原料コバルトは現在アフリカでのみ採取可能な貴重な物。

 

S__21741579
素地→琺瑯ベース→シルクスクリーン

多くの作業行程ときめ細かい行程管理を要し、

熟練ノウハウが欠かせない琺瑯づくり。

難しいのは顔料のパーセンテージで決まる色の出し方と、

750℃で焼き付けるという温度コントロール

大量生産が当たり前のこの世の中。

職人のもの造りへのこだわりから生まれるひと味違った作品、

趣のある素敵な看板は繊細で緻密な職人のなせる技なのですhowa*
S__21741593

原田琺瑯のもの造りに対する姿勢や、自然界の鉱石での色付け、
環境と人に優しいという部分に深く共感。

ふくろう不動産販売のシェアオフィスterasu入口看板も、原田琺瑯で作成いただきました。

私たちふくろうも看板に負けないように、
今年度も、環境と人に優しい家造りに励んでいきますぺこり


     

マンションのご相談は
ふくろうへ