マンションに関する専門家・セカンドオピニオンとして、マンションを高く売りたい!中古マンションをリノベーションして新しい暮らしをしたい!といったお客様の相談に応えます。
INFORMATION & BLOG

あたたかくて気持ちのいい福岡県産の天然乾燥無垢床材『耳納杉』

2018年01月31日

リノベーション

前回の記事から「心地良い」という体の感覚を大事にしている
つくらしのこだわりの素材をご紹介しています(^^)

今回は素足で触れてもあたたかい
耳納杉の無垢床」のご紹介です。

◇耳納杉(みのうすぎ)の床
福岡県の耳納連山で育った杉をじっくりと時間をかけ、天然乾燥されているため、
繊維が壊れにくく肌触りがよいのが特徴。
さらに調湿性が高いため日本の気候に最適。
ちなみにつくらしの家は壁が珪藻土壁なので相乗効果で調湿効果に優れています。

事務所の床はもちろん耳納杉の床で、ブログスタッフMもいつもあたたかさを感じていましたが

一般的な床材と耳納杉を触ってみてその温かさの違いにびっくりしました!
頭寒足熱は健康にも良いと言われており足元が温かいのは重要です!

ちなみになぜ頭寒足熱が良いかというと
人の体温というのは上半身のほうが下半身よりも高いので
下半身をあたためることで体全体の血液のめぐりが良くなり体調も
良くなるとのことです。(所説あります)

みなさまにも「気持ちが良い」という感覚をぜひ味わっていただきたいです(^^)

 


     

マンションのご相談は
ふくろうへ