ふくろう不動産株式会社

tel:0926927229

お問い合わせ 見学予約

ブログ詳細

ブログ詳細

自然素材の良いところ【 珪藻土って何?①】

2020.07.02 | つくらし 室内空気 |

今日は、つくらしの壁や天井に塗る素材として選んでいる、

100%自然由来の「珪藻土」のことを書きたいと思います。

 

そもそも、珪藻土って何でしょう?

 

珪藻という植物プランクトンが、海底や海底に800万年〜1000万年沈積し、

プランクトンのガラス質の殻の「珪酸」部分だけが化石として残った推積土

 

ということです。

(← 堆積土のイメージ:WIKIさんからお借りしました。)

 

黒い画像は「珪藻」さん達のスケッチだそうです~。(wikiさんからお借りしました)

美しいですね。。 気持ち悪いですかね?(笑)

人間は、こうした無数の微生物の恩恵を受けているのですね。

 

人の体も、無数の微生物がそれぞれ働いてくれているので、うまく機能しています。

 

「珪藻」の世界もすごく興味ある~!

という方は、「珪藻の世界」を分かりやすくおもしろく、

マニアックに説明しているページがたくさんあるので、

ぜひ検索してみてください。ミクロの宇宙の世界が広がりますよ~。

 

珪藻の殻には、無数の1ミクロン(0.01mm)にも満たない小さな孔(あな)があり、

その孔が、有害物質を吸着したり、湿気を吸放したりする機能をもっています。

珪藻土は、その特性(強い吸着性と不燃性(なんと融点1250℃)により、日本でも七輪の材料に使われていたり、世界の国々でも、古くから利用されてきましたが、

今も、人体にも安全な素材として、建材に留まらず様々な用途が開発されているようです。

 

 

調湿性の高い自然素材として、広く活用されてる木炭の孔の大きさは、

数ミクロン~数十ミクロンだそうです。

 

つくらしで使用している珪藻土の孔は、1ミクロンにも満たない、

もっと細かい孔が無数にあることで、木炭よりもさらに高い調湿性を誇ります。

 

そんな、人間界にお役立ちの珪藻土ですが、

珪藻土だけだと、壁材として固まることができないそうです。

 

固めるための素材が、

”珪藻土の天然の力を活かすかどうか”の要を握っている様です

 

結論を書いてしまうと、つくらしで厳選し、使用している珪藻土は、

自然素材である「消石灰」で固められています。

そして、消石灰で固めることによって、ますます、人の体に優しい、強いパワーを持つことになります。

 

では、消石灰って何でしょうか?

 

「聞いたことあるし、知ってる感じだけど何だっけ?」

と思われる方(私でした。)も、「知っとるし!」という方も、

次の記事「珪藻土② 消石灰って何?」を読んでみてください。

つくらしの珪藻土壁の、素晴らしい天然パワーの秘密が分かりますよ~♪

マンションの売却について
お気軽にお問い合わせ下さい
0926927229
お問い合わせ

 近の記事

 テゴリー

 ーカイブ

 

〒813-0043 福岡市東区名島4丁目31番13号

TEL:092-692-7229

© 2018 ふくろう不動産株式会社